Mami-ne's Blog

忙しいママのための「センス不要のファッション理論」知る・選ぶ・着るの3ステップ。服選び・日々のコーデに迷う時間を減らそう。

30代骨格ストレートのママが絶対にやらない方がいいNGコーデとは?

今回は、NGコーデについてのお話し骨格ストレートさんバージョン。それぞれの骨格スタイルにとって、似合うコーデがある一方でNGコーデもあります。

 

「とにかくオバサン感がやばい」

「私ってこんなに太ってた!?」

と思っているあなたは読んでみてください。

 

私は、骨格スタイル分析(骨格診断)やブログでの骨格スタイル別の似合わせアイテムの提案をしています。

30代骨格ストレートママが絶対にやらない方がいいNGコーデとは?

30代骨格ストレートのママが絶対にやらない方がいいNGコーデとは?


骨格ストレートのあなたは、「コテコテ&ぴったり」コーデが苦手です。

「似合う服が買えない」「どの服も自分に似合わない」と困っていたりしませんか?

 

<骨格ストレートさんの苦手なコーデアイテム>

  1. コテコテのコーデ
  2. スポーティなコーデ
  3. 身体のラインにピッタリしているトップス

 

一つずつ解説していきます。

 

1.コテコテのコーデは着太りしてみえる

なんと表現したらいいのかと悩みました…

「コテコテ」とか「フリフリ」とか、とにかく装飾品が沢山だったり、服自体に装飾が多いアイテムが苦手です。

もう、あなたが経験済みでしょう。着太って見えます。

痩せてても、着太って見えるから、ぽっちゃり体型だと+10キロとか太って見える可能性もあります。

 

骨格ストレートさん特有の胸が突き出るような立体感が影響しています。こればかりは、なかなか肉体改造しても変化できない部分なので、ファッションで工夫が必要となります。

 

2.スポーティなコーデは、サイズ感も考えて

というと、スポーツ選手をイメージして「似合っているじゃん!」って思うかもですね。スポーツ選手は鍛え抜かれた肉体美を持ち、一番輝ける舞台の上にいます。

適度な露出で筋肉美を演出するくらいな方なら、問題はありません。

 

が、多くの方は30歳を過ぎると、むしろ筋肉が衰えてくるのを感じます。その分、体重が変わらなかったとしたら脂肪が増えています。

 

スポーティなコーデをするなら、ダボッとしすぎず、ピタッとしすぎずなサイズ感で選ぶようにすれば、割といい感じになります♪

ジャージ姿はラクチンですが、ごみ捨て程度にしておいた方がいいです。オバサン感がめちゃ出ます。

 

3.身体のラインにピッタリしているトップスは肉感を感じさせる

 

以前、渡辺直美がぴったりしたTシャツを着ている後ろ姿を見た時に急に肉感を感じました。 

理由は、ブラのバックベルトを中心とする部分の段々

これが見えると急に「太っている感」が増します

 

仮にブラで段々となってしまっても、トップスがその段々の肉感を拾わなければ問題なし

なので、ぴったりしたトップスには注意が必要です。試着した時は必ず後ろ姿もチェックするようにしてくださいね。

 

結局のところ、骨格ストレートさんは体形キープが何より大切

骨格ストレートさんは、ある程度のスタイルを維持していないと太って見えやすいです。

上戸彩さんや綾瀬はるかさんを横から見ると、けっこう立体感があるのを感じませんか?彼女たちは、前から見たらすごく痩せて見えますし、実際痩せているのでしょう。

 

骨格ストレートさんは筋肉がつきやすいとされているので、動物性脂肪を控えつつ筋トレするのが一番かと思います。

まとめ

似合うコーデがある一方で、苦手なコーデもあります。

NGを知っておくだけでも、あなたのコーデを見直す機会になりますよ。

また、似合うコーデのポイントについて知りたい方は、「30代子育てママ×骨格ストレート 簡単に「似合う」を作る方法」をご覧ください。こちらの記事を合わせて読むことをお勧めします。

gluedecomami-ne.hatenablog.jp